一生続けられる看護師の仕事

看護師になるのは簡単ではありません。知識教養から実務まで、しっかりとした教育を受けて、その上国家試験に受からなくてはなりません。その後も、実際の医療現場に出て、実務を通して経験をつむことで、本当の実力が身につくので、ずっと勉強し続ける、という面もあります。
夜勤や介護など、体力的に大変な面もありますし、生死に関わる仕事ですので、精神的なプレッシャーも多い仕事です。
しかしながら、一生懸命回看護した患者さんが回復したとき、患者さんの笑顔、ありがとうという感謝の言葉、気持ちが通じ合ったとき、など、看護師をしていて本当に良かった、心をこめて看護したことが報われた、と心から思える瞬間がある、「達成感を味わえる」仕事であることも、間違いありません。
こうした人間同士の通じ合いを体感できる仕事は、あまり多くありませんし、こうしたコミュニケーションは、期せずして自分のモチベーションを上げてくれるものです。
そして、もう一つ、看護師という仕事の持つ大きな優位点は、たとえ、結婚や出産のために一時休業しても、看護師の資格を持っていれば必ず復帰が出来るというところです。現代生活の中で、看護師の需要が減ることはまずありませんし、待遇が下がるということも考えにくいでしょう。
つまり、看護師は自分が望みさえすれば、一生続けられる仕事なのです。