看護師になるためには?

人気資格のひとつでる看護師になるためには、どんな勉強をして、どんな資格を取ればいいのでしょうか。
一般的には、まず3年間の看護学校に通います。これは、高校卒業資格があれば、試験を受けて合格することで入学できます。合格率は比較的高いので、高校卒業程度の学力があれば合格できるレベルです。ちなみに、中学卒業資格でも入学できるのは、准看護師養成学校になります。
この看護学校では、看護に関する教養および知識を身につけるとともに、実際に患者さんに接して看護するという実習も行います。規定の科目を履修して、さらに実技の経験をつむことで、看護師としての国家試験を受ける資格が得られます。国家試験に合格して初めて「看護師」としての資格が手に入ります。
准看護師から正看護師になるという道もあります。准看護師は、資格取得後に任される仕事の範囲が正看護師とは異なり、医師や正看護師の指示の元に仕事を行う、アシスタント的な立場ですが、養成学校に2年通った後、実務を行いながら、正看護師として勉強を続け、国家試験に合格するというものです。
実務的には同じように見える仕事内容でも、任される仕事の差は歴然としているので、やりがいを求めて正看護師をめざす准看護師さんもたくさんいます。